カフェノビルネ

寺町二条のカフェ「ノビルネ」食材・暮らし・体験を軸に京都美山在住の店主が色々やります。

熊よけの鈴

f:id:nobirune:20210113214944j:image

【熊よけの鈴】
チリーンと鳴らしてください。
私が寄ってきます😊
お店での呼び鈴としてお席に置いています。
周りを気にしながら「すみませーん」て呼ばなくて大丈夫です👍

とても綺麗な音がするので、しばらく家でチリンチリン鳴らしていました。
なんだか澄んだ気持ちになるので、鈴が邪気払いのアイテムというのも納得です。

f:id:nobirune:20210113214957j:image

【広報なんたんに載せていただきました】
鹿肉料理の写真を提供させていただきました。
ちょっとでもお役に立てたかな。
お声かけいただいて嬉しいです✨
地元の猟師さんたちと、狩猟特集でした!

f:id:nobirune:20210113215026j:image

【お願い】
緊急事態宣言に伴い、
カフェノビルネにご来店予定のみなさまにお願いがあります。

・しばらくはお一人様でのご来店をお願いします。
・ご来店時の検温、手指消毒にご協力をお願いします。
・お食事中以外のマスク着用にご協力をお願いします。
・体調が悪い、咳が出るなどの症状のある方はご来店をお控えください。
・2週間以内に海外へ行かれたり、大勢が集まるイベントなどに参加されたお客様はご来店をお控えください。

まずは健康第一に、のんびりゆったりとした時間をお過ごしくださいね。
今後、食材の通販も予定しております。
お楽しみに!😆

今週はココペリのライ麦パンやお野菜を販売してます🌸
自家製スペルト小麦でおこした自家製酵母に、
自家製ライ麦。全部農薬と化学肥料不使用。
シンプルな材料で旨みたっぷりです🌱

日常の中の鹿肉

以前、鹿肉の料理教室に参加してくださった方が、Facebookにとっても嬉しい投稿をしてくださいました。

 

お料理教室に参加してくださった後、まとめ買いしていただいた鹿すね肉。

ふと目について、今日は煮込みにしようとお料理してくださいました。

 

f:id:nobirune:20210113214826j:image

※これは私が作った煮込みです

 

日常の中にある鹿肉。しかもすね肉!
冷凍庫に鹿肉あるし今日はこれにしよう、と
無理なく取り入れてくださっているのが本当に嬉しい🌱

鹿肉の家庭料理は超簡単。
昔から食べられていた食材ですもんね。

 

また鹿肉の料理教室がやりたいです😊
オンラインでやれるかな?
レシピ付きの鹿肉を販売したら良いかな。

 

飲食店として弱気になりがちなこの時期に、
すごく励みになりました。
大好きな鹿肉を提供できる幸せを噛み締めて、
今日できることに集中していきたいと思います。

先の見えない世界ですが、一緒に生きていきましょうね。

綾部の積雪

JRの綾部駅の近くの河川敷へ。

f:id:nobirune:20210101172629j:image

ここ、普段は駐車場なんですよ。

ぜーんぶ雪の絨毯になっていました。

まだ足跡もなくて綺麗。
f:id:nobirune:20210101172634j:image

ちなみに厚みは10センチぐらい。

スニーカーだと濡れるかな。

我々は長靴持参でお散歩しました。f:id:nobirune:20210101172626j:image

綺麗な景色を見ると癒されますね。

寒いけど、雲が流れていくのをぼんやりと眺めるのは気持ちよかったです。

 

光の具合で雲が青やピンクに色づくのが神秘的でした。

 

年始に時間ができたら、少しお散歩してみるのもおすすめです。

澄んだ空気のなかで体を動かすとリラックスできますよ。

 

足跡から犬の散歩風景を予想したりするのも楽しい。

初日の出について

f:id:nobirune:20210101165911j:image
f:id:nobirune:20210101165908j:image

2021年は初日の出を見に行きました。

厚い雲に覆われていましたが、

隙間から溢れる光は息を飲む美しさでした。

 

この機会に初日の出について調べてみました。

初日の出の習わしは明治以降に広まったもので、

それまでは家で東西南北を拝む四方拝(しほうはい)を行っていました。

 

なぜ初日の出を拝むかというと、この1年家をお守りくださる歳神様(としがみさま)をお迎えするためです。

歳神様は農耕神でもあり、稲作などを司っています。

門松やしめ縄なども、歳神様をお迎えする準備ですね。

お越しいただくにふさわしい、清浄な場所の目印となっています。

 

ちなみにお正月の朝を表す元旦という字は、

日の下に地平線を引いた字を用いて新年最初の朝日を表しているようです。

 

更に、山の上で迎える初日の出をご来光(ごらいこう)と呼びます。
山頂の雲にうつった自分の影が、光の輪をまとった仏様のご来迎(ごらいごう)に見えるのが由来なのだとか。

 

調べるほどに、暮らしの中に信仰が染み込んでいるのを感じて面白いですね。

これからも行事などは現代の形に変化していくと思いますが、その意味や大切にしていることは知っていたいなと思います。

元旦天橋立ケーブルカー始発

f:id:nobirune:20201231131036j:image

元旦には初日の出が見たい!

ということで明日は天橋立に行こうと思っていました。

f:id:nobirune:20201231131238j:image

狙いはこちらの傘松公園。

「股のぞき発祥の地」と言われています。

2020年の元旦には、日の出に合わせてケーブルカー(定員76名)を臨時運行してくださっていました。

 

↓これは2020年のもの。

f:id:nobirune:20201231133333j:image

↑2020年は始発が6:30でした。

 

今年はケーブルカーを運行している丹後海陸交通株式会社の公式サイトにもSNSにもお知らせが無いな?と思っていました。

本日2020年12月31日に電話して伺ったところ、2021年1月1日元旦の運行は通常と同じ9:00〜16:30の予定だそうです。

更に雪の影響で始発が遅れるかも、とのこと。

予定されている方はお気をつけくださいね。

 

ちなみに、ケーブルカーに乗っている時間は意外と短くて4分で着くそうです。

運賃は往復680円(子ども340円)。

f:id:nobirune:20201231131757p:image

マップはこちら。公式サイトより。

売店などもあり、2020年は室内で日の出を待てたようです!

 

2021年の初日の出は見れなくて残念ですが、

また機会があれば伺いたいと思います☺️

 

天橋立webサイト

https://www.amano-hashidate.com

 

傘松公園の場所

〒629-2241 京都府宮津市大垣75

雪の名前25種類

f:id:nobirune:20201231115159j:image

鹿とワンちゃんを作りました。

 

美山の雪はさらさらです。

スキーやスノボには良いのですが、雪だるまを作ろうとするとなかなか固まりません。

雪だるま作りに適しているのは、水分量が3〜8%程度の雪だそうです。

気温が0℃前後の時に降った雪が、少し湿っていて最適なのだとか。

 

日本には粉雪やぼたん雪など、雪の状態に合わせた名前が色々あります。

ちょっと調べてみました。

25種類あります。

降る時期による名前などはもっとあるようです。

 

・泡雪(沫雪) あわゆき。泡のように溶ける雪

・風花 かざばな。風に吹かれて飛ぶ雪

・堅雪 かたゆき。溶けて堅くなった雪

・乾雪 かんせつ、かわきゆき。水分の少ない雪

・霧雪 きりゆき。霧のような細かい雪

・凍雪 こおりゆき。凍った雪

・小米雪 こごめゆき。小さいお米のような雪

・小締雪 こじまりゆき。積もって数日経った雪

・粉雪 こなゆき。さらさらの雪

細雪 ささめゆき。細かい雪

・粗目雪 ざらめゆき。氷の粒になった雪

・湿雪 しめりゆき、しっせつ。湿った雪

・撓雪 しおりゆき。重みで木をたゆませる雪

・垂り雪 しずりゆき。屋根や枝から落ちる雪

・驟雪 しゅうせつ。積雲と積乱雲から降る雪

・玉雪 たまゆき。丸い球のような雪

・友待つ雪 ともまつゆき。次の雪まで溶けずに残る雪

・灰雪 はいゆき。灰のように舞う雪

・衾雪 ふすまゆき。一面に積もった雪

・花弁雪 はなびらゆき。大きな花弁に似た雪

・べた雪 べたゆき。水分が多くべたつく雪

・牡丹雪(ぼた雪)  ぼたんゆき、ぼたゆき。大きくて重たい雪

・水雪 みずゆき。水分のかなり多い雪

・餅雪 もちゆき。水分が多くもったりした雪

・綿雪 わたゆき。大きくてふわふわの雪

 

表現の豊かさが素敵ですね。

是非この冬に使ってみてください。

今回の雪は何かな、なんて話すのも楽しいですね😊

ホステルニニルーム

HOSTEL NINIROOMさんにお邪魔してきました。

「京都に住む友達の家」みたいな宿泊施設。

10:00〜18:00はカフェのみの利用もできます。

f:id:nobirune:20201230172932j:image

ナチュラルでおしゃれな内装。

勉強もはかどりそう。

ドリンクメニューもお手頃価格で色々あります。

平日はランチも!

Wi-Fiが繋がるのが嬉しい。

今回頼んだドリンクの写真は撮り忘れ。

お菓子がついてました😊

 

ニニルームさんのことは「わかくさカフェ」をきっかけに知りました。

f:id:nobirune:20201230172936j:image

「京都わかくさねっと」さんとコラボして、

生きづらさを抱える少女たちの居場所として開放されています。

f:id:nobirune:20201230181433j:image

ひとりでゆっくりしたい時、

誰かと少し一緒にいたい時、

自由にふらりと立ち寄れるそうです。

 

お昼寝用に個室を使えたり、

食事や生活用品を提供してもらえたり。

毎週火曜はわかくさカフェとしてお話できるスペースがあるみたい。

 

昔の自分もこんな場所と繋がれていたらよかったなぁ。

スタッフの方も気さくで話しやすい雰囲気でした。

 

とっても癒されるのんびりした空間ですよ。

是非遊びに行ってみてください😊

 

場所

〒606-8395 京都府京都市左京区丸太町通川端東入東丸太町30-3

 

カフェ 10:00〜18:00

ランチ 平日11:30〜15:00

 

↓NINIROOMさんのwebサイト

https://niniroom.jp

↓インスタ

hostel_niniroom

 

↓京都わかくさねっとさん

https://www.kyotowakakusa.net